海鮮物と冷凍技術

海鮮物と冷凍技術

冷凍技術は直接海鮮物のおいしさに直結します。

 

最近の冷凍技術は素晴らしい発展をとげており、食品の美味しさを最大限に引き出していることに成功しています。

 

日本は海に囲まれた漁業が盛んな国です。

 

したがって多くの魚がとれ、食べられています。

 

その新鮮な魚介類を陰で支えているのが冷凍技術です。

 

この冷凍技術は、日本の得意分野で、これだけ発達しているのは日本だけです。

 

本当に誇らしい技術であるのです。

 

この恩恵を受けているのが、コンビニやファミレス、飲食店など、

 

食に関する多くの企業であり、私たちの生活を豊かにしてくれていると思います。

 

CASなどと言われるシステムでは、細胞レベルまで管理し、流通を別なものへと変えてしまいました。

 

これらのシステムや多くの技術革新で、いまあるいくらをはじめとする生鮮食料品が美味しさを保っている訳です。

 

現在の冷凍技術は、瞬間と強力という方法を取っており、いくらの表面の温度と中身の温度が異なると、
ドリップと言われる大切な汁が出てきてしまいます。

 

このドリップをいかに少なくするかを突き詰めていくと「瞬間にかつ強力」にという答えが導き出されるのです。

 

ここにこだわりを持っていると、食品が美味しく継続的に、かつ安定的に消費者のもとへと運ばれるのです。